文房具

コーヒーが好きな人は資格を取得してバリスタになりましょう

目的を把握しよう

複数のパン

自宅でホームベーカリーを始めたい人はパン教室に通いましょう。場所によって作り方や味が違うので体験レッスンに行ってみると良いかもしれません。パン教室と専門学校には大きな違いがあるので自分の目的をしっかりと把握して選ぶといいですよ。

もっと読む

料理の達人

野菜を切る人

調理師専門学校を卒業すると、無試験で資格を取得することができます。全国共通の資格なので就職にとても有利になっています。学校によって学費や掲げているカリキュラムが違うので事前に確認しておくことが大切です。

もっと読む

バリスタへの道

バリスタ

コーヒーは同じ豆でも入れ方によって味が変わります。近年、バリスタを目指している若者が多く通信講座や専門学校で資格を取得している人もいます。コーヒーの資格は国家資格ではないので、知識がない人でもしっかり学ぶことで取得することができます。コーヒーは世界中で飲まれているので、将来海外でカフェを開くこともできるかもしれません。バリスタになるにはものもの専門的な資格は必要ありませんが、資格を取得するにはコーヒーについて勉強しなければいけないのでバリスタとしての証拠にもなるでしょう。バリスタの資格の中にもいくつか種類があり、コーヒーマイスターは日本スペシャルティコーヒー協会が認定しています。取得方法は、コーヒーマイスター教養講座を修了し、認定試験に合格する必要があります。独学で資格を取得することができないので、通信講座か専門学校のどちらかに通う必要があります。JTBバリスタライセンスは日本バリスタ協会で認定されている資格になっています。これもコーヒーマイスターのように教養講座終了後、認定試験を受けることができます。試験にはレベルがあり、最も難易度が低いレベル1からレベル2、レベル3と上がっていきます。2つの資格は方法が似ていますが、出題される問題の内容は違うので、難易度の高い級を持っていると、プロのバリスタとして認められるでしょう。将来バリスタとして働きたい人はコーヒーについて様々な知識を持っておく必要があるのでしっかりと学ぶことができる通信講座や専門学校を選びましょう。

海外出店も夢じゃない

ケーキ作り

パティシエになるにはお菓子作りの技術が必要になります。専門学校によっては1か月~2か月の海外研修を設けているのでプロから学ぶことができます。開校授業に行って話を聞いてみましょう。

もっと読む